カメラの種類と特徴

各種カメラの適材適所

監視カメラは、大別すると、「アナログカメラ」「アナログハイビジョンカメラ」「デジタルハイビジョンカメラ」「ネットワークカメラ」の4つに分けられます。セルテックでは、それぞれの特徴を熟知しており、最適なシステムをお奨めしています。
  • 同軸ケーブル
    • アナログカメラ
      アナログ画面の標準画質は480i相当です。ハイビジョン画質にはなりません。ネットワーク機能を持ったDVRと接続すれば、PCやスマートフォンから遠隔監視できます。
    • アナログ
      ハイビジョンカメラ
      アナログハイビジョンの伝送が可能。(5Cで500mまで)
      解像度は720P~1080Pの高精細画像です。
    • デジタル
      ハイビジョンカメラ
      デジタルハイビジョン(HD画質)の伝送が可能です。
      専用のHD-SDIレコーダーを介して、HDMI,VGA出力により、一般テレビ等で視聴できます。
  • LANケーブル
    ネットワーク
    ハイビジョンカメラ
    LAN(UTP)ケーブルで映像・音声データを配信します。
    遠隔での監視が容易で、ネットワーク内であれば、複数個所から同時に視聴・記録が可能です。
 

カメラ形状と用途特徴

屋内用防犯カメラ ネットワークアナログ
  • 屋内用防犯カメラ
  • ボックス型は抑止力抜群!
    一般的にボックス型と言われているカメラです。取付金具を使用して天井・壁などに取り付けます。
    カメラの設置をアピールすることで、抑止力を狙う意味ではボックス型がオススメです。
  • ハウジングへ収納することで防塵対策を
    屋内でも外気が入るところでは、湿気によりレンズにカビの発生などを防ぐ上でもハウジング収納をお奨めします。
    防滴・防雨ハウジングと組み合わせることで、屋外への設置も可能です。写真の様なハウジング一体型カメラもあります。
屋外用防犯カメラ ネットワークアナログ
  • 屋外用防犯カメラ
  • 夜間の撮影が可能なタイプも
    海外製品を中心に、夜間の撮影が可能な赤外線機能が搭載されているタイプもあります。ただし、赤外線照射能力は距離的にはあまり期待できない商品も有り、システム構築に工夫とノウハウが必要と言えます。
  • 防滴・防雨機能のあるハウジングへの収納がオススメ
    温度変化や気象条件の変動に対応していますが、本格的にはヒーター、デフロスター、ワイパーなどの装備された、防滴・防雨多機能ハウジングへの収納がオススメです。
ドームカメラ ネットワーク・アナログ
  • ドームカメラ
  • スマートに設置できるドーム型カメラ
    形状が目立ちにくく、どの方向を監視しているのか分かりづらいため、特に屋内を中心に最近の設置例は増えています。壁面に取付け可能のタイプもありますが、天井への直付けもしくは埋込施工のが一般的です。
  • 屋内暗視カメラとしても使用可能
    赤外線照射タイプもあり、屋内暗視カメラとしても使用出来ます。海外製の安価な製品の中には、粗悪品もありますので、使用目的によっては注意が必要です。
コンビネーションカメラ(PTZカメラ) ネットワーク・アナログ
  • コンビネーションカメラ(PTZカメラ)
  • あらゆる角度を監視できる多機能カメラ
    オートパトロール機能を利用し、あらかじめプログラムされた複数の位置、画角を自動パン(左右首振)、チルト(上下首振)、ズームを行いながら撮影します。手動で思い通りに操作することも可能ですし、自動追尾機能がある機種もあります。
    センサー機能やプライバシー保護のマスキング機能があり、高度なシステムの技術を要求されます。カメラ自体も高価ですが、システムを組まなければ機能しないため、予算が高額になる場合があります。
360°パノラマビューカメラネットワーク
  • 360°パノラマビューカメラ
  • 360°を監視できるパノラマビュー
    360°のパノラマビューを実現したネットワークカメラで、最大 650m2 の範囲を監視できます。小売店舗、ホテル、学校、銀行、会社、屋内駐車場等に理想的なカメラです。
  • ビュー領域を指定し、それぞれの領域でパン、チルト、ズームが可能
    それぞれ個別に切り取って歪み補正されたビュー領域が5つあり、ユーザーは目的の領域でデジタルパン、チルト、ズームを行うことができます。
超小型監視カメラアナログ
  • 超小型監視カメラ
  • 構造物内に収納できる超小型監視カメラ
    四角い形状が一般的で、DC12VのACアダプター付きです。事務所や店舗の棚の上にさりげなく置いても、あまり目立ちません。
    レンズ部分は1mm~11mm程度で、筐体も小型のため出来るだけ存在を知られたくない場合に便利です。壁の看板などに仕込んで車のナンバープレートを監視するなど、使い道は様々です。
    最低被写体照度はあまり良くありませんが、視野角の広い鮮明な画像になります。
ネットワークカメラネットワーク
  • ネットワークカメラ
  • 遠隔監視ができるネットワークカメラ
    一般的にドーム型、ボックス型などがあります。ドーム型にはパン、チルト、ズームが自在の高機能タイプや、メガピクセルと言われる高解像度製品もあります。機能・性能には製品によって大きな差があります。
  • 無線LANでワイヤレスカメラに
    無線LANの機能を使えば、ワイヤレスカメラとしても機能します。ライブ映像の放映にも良く利用されています。 IPネットワークを利用するため、記録装置(NVR)への配線は1本で済みます。
 

記録装置

DVR(デジタルビデオレコーダー)
  • DVR(デジタルビデオレコーダー)
  • 接続可能台数 4~16台
    HDD容量 1~4TB
    アナログカメラを接続しますが、IPネットワークに対応した機種が多くなっています。映像出力は、VGA・HDMIに対応しており、PCモニター・デジタルテレビで視聴できます。
    AHD・HD-CVI・HD-TVI・HD-SDI方式には、それぞれ専用レコーダーがありますが、従来からのアナログカメラも同時に接続できるハイブリッドレコーダーが多数あります。
NVR(ネットワークカメラ専用ビデオレコーダー)
  • NVR(ネットワークカメラ専用ビデオレコーダー)
  • 接続可能台数 256台(統合監視ソフト使用)
    HDD容量 1~8TB程度(増設して大規模な記録装置の構築が可能)
    ネットワークカメラ専用のビデオレコーダーのことで、NDRと呼ばれる事もあります。カメラからHUBなどで集約された1本のLANケーブルのみを接続します。
    アナログカメラ・HD-CVIカメラとネットワークカメラを同時に接続できるハイブリッド機種も存在します。