「ホテル客室テレビ」チャンネル設定で新たな問題?

2011年7月でアナログ放送が終了(震災被災地を除く)し、ホテル旅館様の客室テレビもほぼデジタルテレビに買い換えられた事と思います。

最近になって、チェックしておくべき問題が地デジ放送とBS放送でそれぞれ発生していますので、ご紹介しておきたいと思います。

まずは、地デジ放送での問題点ですが、多くのホテル様で地デジテレビをご導入されたのは、数年前からで、当時は、ハイビジョンコンテンツがきれいだとか、まだ標準画質のチャンネルだとか言われていましたが、アナログ放送が終了してからは、徐々に本来のデジタルチャンネルの持っている機能を使った番組放送が現れてきました。

その一つが、同一時間帯に複数の番組を放送出来る機能です。
例えば、ナイターが延長して映画の放送時間になった場合、同じ局でどちらも放映できるようになっています。
ところが、ホテル客室テレビでは、チャンネルスキップが設定されていて、直接選択は出来ません。
NHK-Gチャンネルで言えば、 011chと012chになりますが、011chは選択出来ますが、012chはスキップして、031のNHK-Eテレに替わってしまいます。
この問題を解決するには、011ch,012ch,013chを選択できるように設定すればよいのですが、果たしてその必要があるのかは、今後の放送内容を見ながら、ホテル様で考え方が分かれるところかと考えます。

視聴チャンネルに設定した場合は、011chを選択した後、UPボタンで選局する事になると思います。
UP/DOWNボタンのみの操作では、放送されていない012ch,013chが現れてかえって煩わしい事になります。
別の選局方法としては、番組表(EPG)をだして選局すれば視聴できると思われます。
現状のままで良いのか、設定変更するべきか、悩ましい問題だと思います。




もう一点は、BS放送の問題です。
2011年10月から新番組が12ch増えて24chになりました。
ホテル客室テレビではBS増設チャンネル部分のスキップ設定は、ほとんどされていないと思います。
新たなチャンネルは、有料視聴のチャンネルがほとんどで、ホテル様で視聴するケースは少ないと思い、そのままにしていたところ、無料体験放送期間などでたまたま視聴できた例があります。

そこまでは何ら問題は無かったのですが、連泊のお客様が昨日までは見れたBSチャンネルが見れないとクレームを付けた事から、事情の良く分からないフロントスタッフがテレビの故障と思い込み、ルームチェンジに。
このような事から、BSチャンネルのスキップ設定を急遽することになったホテル様が有りました。

2012年3月からは、更に7ch増えて、全31chになります。
こうなると、要らぬトラブルを防ぐ上からも、不要チャンネルのスキップ設定が必要になってくるのではないかと考えています。

最も、テレビ設置後に発生するこれらの問題に対し、設定変更やチャンネルプログラム変更ないし操作説明などの経費は、どこが負担するのかの問題も出てきます。

一般に、テレビ買取であればホテル様、委託設置の場合は業者になると考えるのが妥当でしょうか。
いずれにしても、過渡期には様々な問題が次々と発生するものだと感じました。

2012年11月02日 | カテゴリー ホテル映像情報システム