IP放送の勉強会

弊社は同軸ケーブルを使った、館内TV共聴システムを得意としています。

TV共聴システムとは、衛星や地デジサテライト局からから番組を受信し館内に適正なレベルで送出する事です。

また、一般のテレビ放送チャンネルに自主放送チャンネルを追加してチャンネルを構成していきます。

その、共聴システムは時代の流れによりIPに変わろうとしています。

もちろん従来の同軸ケーブルを使ったシステムが無くなるわけではありませんが、

アベマTVやネットフリックスを始めとするサービスの様に映像配信がインターネットネットを使ったIPマルチキャストサービスに変わろうとしています。

その際に、どのような問題が起きるのか、ネットワークの帯域を確保するにはどの様な事を注意しなけらばなならいのか、

遅延を無くするにはどの様な規格で設定していくのが望ましいか、等を勉強しました。

今すぐに、この技術を実際の現場で使用する事はそう多くは無いかもしれませんが、

2020年携帯電話の5Gサービスなども始まることにより、IPマルチキャスト配信ももっと身近なものになってくるのではないかとおもいます。

 



2019年4月01日 | カテゴリー お知らせ